投資するメリット

空き地がある家

不動産投資はお金持ちがする資産運用、リスクが高そうなどと思っている人が多いです。マンションやアパートを購入して、他人に賃貸することで家賃収入を得るということを、インカムゲイン(運用利益)といいます。不動産投資は物件を購入してから売却するまでの利益を求めるキャピタルゲイン(売却利益)も含みます。 不動産投資はある程度の利回りは期待できますが、元本の保証はないです。ちなみに利回りとは、投資した資金に対して最終的に手元に残る現金の増加率を年間に換算したもののことです。 また不動産投資はFXや株式投資と違って、短期間で資金が何倍・何十倍にもなる投資方法ではないので、自分にあった投資方法を見つけるのが大切です。

不動産投資はFXなどと比べるとリスクは高くないです。マンションなどを持っている大家さんは毎月家賃収入があって悠々自適です。ただリスクを考慮しないで物件を購入してしまうと、利益を得るどころか負債を背負いこんでしまうこともあります。 不動産購入時にチェックしておかなければならない実質利回りは、年間収入から年間支出を引いた金額を購入価格で割ります。 不動産投資はさまざまな費用がかかります。管理費、固定資産税などです。特に税金は、個人の所有の場合と法人の所有の場合では異なってきます。日本は法人税率を下げて、個人の所得税率を上げる傾向にあります。個人で購入した場合、後々数百万円単位で残る現金が変わってくる可能性もあるので、不動産投資は物件購入の段階から計画的に行っていくことが重要です。