部屋の中

併用住宅を建てる

賃貸併用住宅を建てようと考えている人は多いのですが、大きく作れば作るほど予算金額が高くなります。地価は場所によって異なるので、地域ごとの地価を調べながら賃貸併用住宅を建設しなければいけません。

Read more

白い豪邸

理想の一戸建て

一戸建て住宅を建設する時にデザイン性を重視している人が多くなっています。自分が建設したい住宅を担当する不動産会社とのコミュニケーションをしっかりと取ることが出来るようになっており、より便利になっています。

Read more

空き地がある家

投資するメリット

投資を目的に不動産を購入する人もいるのですが、不動産を購入する時は利益がどのように生み出されているのか、不動産投資ビジネスの基本をしっかりと学ばなければいけません。

Read more

並んだ家

魅力的な空間

居住空間として高い人気があるマンションですが、マンションの中でも有名デザイナーが設計を行ったデザイナーズマンションはオシャレな雰囲気を感じることができる魅力的なマンションです。

Read more

木の家

新しく開発する

不動産を保有しながら利益を産みたいと感じている人は多いのですが、賃貸オフィスを新しく作る時は、テナント集めの基礎知識をしっかりと把握しなければいけません。魅力的なテナントを集めるために必要なことを学びましょう。

Read more

建設時の確認

白い家

専門業者の選び方がわからない方でも安心です!神奈川で不動産を売却するならこちら。専門業者の選び方の手間を省くことができるのでおすすめですよ。

土地の価値を最大限に生かしたいという個人が増えているので、自宅の建て替えでは賃貸併用住宅のプランを選ぶ人が増加傾向である。特に都市部では賃貸経営で大きな家賃収入が期待できるので、賃貸併用住宅の建設に積極的な人が一般的であろう。また建設時には5000万円前後の予算を想定する人が多く、家賃収入でローンの返済が行える点が魅力的であろう。しかもローンの返済が終わった後は、毎月20万円程度の家賃収入を得るのが標準的である。そのために老後の年金に付加する副収入を得るために、40歳前後の人が賃貸併用住宅の建築を考えるケースが増加中である。また将来的には子供や孫に資産が残せるメリットも大きいので、高齢者が建築を依頼する事例も多いであろう。

個人による賃貸経営の初期のスタイルは、木造アパートを敷地内に建築して家賃収入を得るシンプルな手法である。その場合には100坪以上の土地を持つ人が賃貸経営を行うのが、最も標準的なパターンであろう。しかし最近では都心部を中心に50坪程度の土地を持つ人であっても、自宅の建て替えをきっかけに賃貸経営者になるのが一般的である。しかも鉄筋コンクリートなどの重厚な賃貸併用住宅を建設するのが標準的であり、50年後も視野に入れた賃貸経営も実現可能であろう。また住宅メーカーが賃貸併用住宅のプランを開発したために、どのような敷地でも気軽に賃貸経営が可能な点が最近の特徴である。しかも相続税対策や節税対策のサポートも受けられるので、更に進化した賃貸経営も可能である。